2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
日曜・定休日でも出来るだけ出荷します。 黄色の日は受注は致しますが、発送が翌営業日になります。
会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

西坂秀徳
<{if $calendar != ""}>
<{$calendar}>
<{if $calendar_memo != ""}>
<{$calendar_memo}>
<{/if}>
<{/if}> 長崎 そのぎ茶 玉緑茶!!   長崎県の東彼杵町(ひがしそのぎ)で同じ緑茶でも煎茶とはちょっと違う「蒸製玉緑茶」(むしせいたまりょくちゃ)と言う製法を用いたお茶を作っています。ちょっとこだわった栽培から加工、仕上げまで自園・自製で安心安全なそのぎ茶(深蒸し茶)をお楽しみください。【ながさき・そのぎ茶】 長崎県が開発し長崎県立大学・長崎大学・九州大学で共同研究された, 飲みやすい【すっきり風味】の健康茶「ワンダーリーフ美軽茶」も販売しています。 Japan Green tea

フリーページ
rss atom
「ワンダーリーフ美軽茶(みがるちゃ)」は、長崎県・長崎県立シーボルト大学・長崎大学・九州大学、の共同研究(研究名称:高機能発酵茶)により開発さました。

安心安全の長崎県産原料100%の新しい健康サポート茶で、「長崎びわの葉ダイエット茶ワンダーリーフ」として平成21年10月1日より試験販売されてきましたが、平成24年10月1日からは、「ワンダーリーフ美軽茶(みがるちゃ)」として新パッケージで最デビュー、可愛い黄色のパッケージと、長くなったWonder Leaf ロゴ入りロングタグが目印です。

「ワンダーリーフは」、長崎県産の「茶葉」「びわの葉」【生の葉】の状態でもみ合わせて発酵させる世界初の製茶法でつくられた為、「びわの葉」の持つ成分と「お茶の葉」の持つ成分(カテキン類)とが
相乗効果を生み出した新しい「健康サポート茶」です。
味はクセのない、すっきりとした紅茶風味で飲みやすく、食事にピッタリ,食事と一緒にお召し上がりください。

※ご注意
・ワンダーリーフを飲み始めるとトイレが近くなることがあります。
・お腹が弱い方はうすくして飲むか、一度に飲む量を減らしてください。


開発・研究されてきた、ワンダーリーフのについての詳しい情報は下記リンクページからご覧ください。


     (ながさき高機能茶有限責任事業組合)

     (ながさき高機能茶有限責任事業組合)

     (長崎県茶業研究室)

     (長崎県茶業研究室)


た研究」(長崎県茶業研究室)

     (長崎県科学技術振興課)

     (長崎県科学技術振興課)

     (長崎県科学技術振興課)

     (長崎県科学技術振興課)


「ワンダーリーフ(みがるちゃ)」商品紹介。

※まずは試してみたい方へ


※続けてみたい方へ
 【送料無料!!】


※家族みんなで、又自分自身でしっかり試したい方へ

※続けて飲んで頂ける方へ
 【送料無料!!】

※ちょっと豆知識

長崎のお茶・・・・・

長崎県は全国でも珍しい「玉緑茶(たまりょくちゃ)」の産地です。
また、喫茶の文化等を広めたといわれる栄西禅師が帰着した際、長崎(平戸)で最初持ち帰ったお茶の種をまいた千光寺(冨春園)があり、
出島から日本茶を輸出した大浦慶など歴史的な人物との関わりが多くあります。
お茶は特有の成分「カテキン」が世界的に注目を集め研究が行われています。

長崎のびわ

長崎県は生産量が日本一です(全国の約3分の1)。
また、「びわ」の栽培が日本で始まるきっかけとなったのが、江戸時代後期(約150年前)に開港場であった長崎代官所で、
中国領事が役人に「唐ビワ」差し入れた事から全国で始めてびわの栽培が始まったそうです。
びわは古来から民間療法に利用され人々に親しまれてきました。
仏教の古い教典では、びわの葉を「大薬王樹(だいやくおうじゅ)」、びわの葉を「無憂扇(むゆうせん)」というそうです。